東海村吹奏楽団 常任指揮者のご紹介

原進

原 進(はら すすむ)



●プロフィール
1995年洗足学園音楽大学音楽学部器楽科卒業。
トランペットを津堅直弘、太田聡の両氏に師事。
ブラスバンド・吹奏楽指導法を山本武雄氏に師事。
同大学「卒業演奏会」に出演し優秀賞を受賞。
1996年「茨城県新人演奏会」オーディションに合格。
同演奏会に出演し新人賞を受賞。

トランペット奏者として吹奏楽、室内楽を中心に演奏活動を行うほか、各地の演奏会にゲスト出演している他、日本では数少ないテナーホーン (アルトホルン)奏者としても精力的に活動しており、「東京ブラスソサエティー」、「ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ」のソロホーン奏者を務めている。

在、洗足学園音楽大学、埼玉県立大宮光陵高等学校、埼玉県立松伏高等学校の非常勤講師。
また、吹奏楽やブラスバンドの指揮・指導者として、日立市民吹奏楽団音楽監督、東海村吹奏楽団常任指揮者をはじめとして、多くの団体の演奏活動に携わっている。
その他、ソロ・アンサンブル・吹奏楽の各コンクールの審査員を務めている。 日本ブラスバンド指導者協会理事。日本吹奏楽指導者協会会員。